発達障害は病院で治療可能【周りのサポートでピースフルな生活を】

支援学校で学ばせる

勉強

現代では多くの病気があり、病気にならないように日頃から健康管理に気をつける必要があります。例えば、食事の栄養バランスが偏らないように食事に気をつける事は重要です。また、食事だけでなく睡眠も大切な要素になります。現代人は忙しいため、日頃から必要とされている睡眠量が足りていないので、病気になりやすい身体になっています。このように、日頃からの生活習慣の見直しは重要になりますが、日頃から気をつけていてもどうにもならない病気も中には存在します。特に、幼児の内から症状が現れ始める発達障害は厄介な病気の一つとなります。この病気は脳の発達が普通の状態と違うために現れる障害で、様々な悪影響を脳に及ぼします。障害と一番致命的となるのが、言葉の発達が遅れることで、発達障害に掛ってしまった子供は、普通の子供よりも言葉を覚えるのが遅くなっています。子供は平均的に2〜3歳には言葉をしゃべることが出来ますが、脳に障害を抱えてしまうと、普通の子供よりもかなり遅く言葉を覚えることになります。そのため、脳に障害を持つ子供の親は、早めに子供の以上に気づいてあげることが大切になります。この障害は先天性のものでは無いので、気づきにくい障害となっていますが、子供の言葉を覚えるスピードが遅いと感じたら、病院で一度検査を受けさせましょう。そうすることで、速い内に発達障害の治療を行うことが出来ます。

発達障害に掛ってしまうと脳に色々な障害を引き起こしてしまいますが、脳が発達をしないということは決して無いので安心です。病院でしっかりと障害と向き合い治療をすることで、改善する余地はあります。しかし、病院だけでなく家庭でもキチンと対策をして上げる事は大切になります。例えば、言葉が覚えるのが遅ければ、根気よく五十音から教えると良いでしょう。発達の遅れている子供はすぐに覚えることは難しいですが、何度も繰り返し教えれば、いつかは必ず覚えてくれるので、継続的に教育を行うのが良いです。また、学校に行く年令になったら、障害を持っている子供を支援する学校に通わせると良いでしょう。普通の学校だと、脳に障害を持った子供が覚えるには難しいスピードで授業が進んでいくため、障害を持った子供は授業について行けません。しかし、障害者が多く通う支援学校に通うことで、効果的に教育を行うことが可能となります。この学校は、障害を持った子供が通うために、専用のカリキュラムで授業を進めます。個人のレベルに合わせて授業を行ってくれるため、子供が勉強に遅れることはありません。さらに、支援学校では勉強だけでなく、精神面の成長も助けてくれるので、発達障害のお子さんを抱える方が通わせている学校となります。このように、発達障害に掛ってしまうと、脳に異常をきたし普通の子供よりも成長が遅れてしまいます。しかし、キチンと対処することで、普通の子どもと同じように成長をすることが出来るので、脳に障害を持っているからと悲観的にならず、子供のために努力しましょう。そうすることで、いつかは社会進出して一人で生活を遅れるようになります。